ボイスレコーダー

ボイスレコーダー

ボイスレコーダー

このページは「オーディオとテレビのセッティング方法 」の情報コンテンツです。
ボイスレコーダー > オーディオとテレビのセッティング方法

豆知識

オーディオとテレビのセッティング方法

以前は、オーディオとテレビは分けておくのが一般的でした。スピーカーとスピーカーの間には何もない方がよいと考えられていたからです。しかし、テレビは大型化が進み、従来のようなやり方は困難になってきています。

オーディオとテレビの共存

スピーカーをステージと考えて、スピーカーの設置位置を決めますが、その位置はテレビにとってもベストポジションと言えます。かつてのようにテレビのサイズが小さければ、テレビを隅っこに追いやることもできますが、大型化がすすみ、使用頻度もテレビの方が多いのですから、限られたスペースでは共存を考えた方がいいでしょう。しかも、スピーカーの間にテレビのようなパネル状の物体を置くことで、音質の向上も期待できます。いわゆるバッフル効果です。

スピーカーは前方だけに音を出しているように思われがちですが、実は様々な方向に音を出しています。この音波の放出に対して、板状の物体で制限を加えることで、音同士の干渉を防ぎ、音質アップを狙うのがバッフル効果です。

テレビを音響パネルとして利用しよう

テレビの両脇にスピーカーを設置するわけですが、テレビが大きいと内振りにセッティングしたくなります。しかし、2mくらいの間隔ならフラットセッティングで全く問題ありません。セッティングする際には、まずテレビの存在忘れてスピーカーだけで行います。スピーカー同士の間隔はテレビのサイズで決まりますので、スピーカーと壁との距離を決めましょう。スピーカーのみで正確にフラットなセッティングを行います。

次にスピーカーとテレビのフロント面が一直線になるようにテレビを設置します。その状態で一度試聴します。それから、少し大変ですが、テレビの位置を数センチ前に出したり、後ろに下げたりして、試聴を繰り返します。テレビを音響パネルと考えて、ボーカルの音やエコーに注意してお気に入りの音を探しましょう。

ラックやパソコンのディスプレイも音響パネルに

スピーカーの間にある物体を音響パネルとして利用するアイディアはテレビ以外でも活用できます。オーディオラックにアンプやCDプレイヤーなどの機器を置いている場合、スピーカーのフロント面と合わせて、試聴してみましょう。パソコンのスピーカーでも同じです。ディスプレイを音響パネルと考え、それぞれのフロント面を一直線に並べて試聴し、ベストなポジションを模索するといいでしょうバッフル効果でより力強いサウンドがえられます。

ボイスレコーダー 激安通販
ExecutionTime: 49 msec / Memory: 7.6 MB